各地の書道展のお知らせ 2018.09.01

「第38回文化書道浪速連合会書道展」 会期:2018年9月16日(日)【展示会後記追加】

標記書道展を下記の通り開催致します。
全国誌友の皆様のご来観をお待ち申し上げます。

第38回文化書道浪速連合会書道展

●会期

2018年9月16日(日)

●開催時間

午前10時~午後4時

●開催場所

たかつガーデン

住所:大阪府大阪市天王寺区高津町7-11

会場までの地図はコチラをご覧ください

●主催

文化書道浪速連合会

●連絡先

奥田 雅石 (06-6723-9170)

展示会後記

「第三十八回浪速連合会書道展覧会記」

 平成の世では最後の書道展となりましたこの年、大阪ではまさかの地震と台風にみまわれました。被災されました方々に謹んでお見舞い申し上げます。

 少々天気が気がかりな九月十六日、大阪府教育会館たかつガーデンに於いて、第三十八回浪速連合会書道展覧会が開催されました。

 作品展示場には西脇呉石先生、雲石先生、韻石先生をはじめ本部審査員の諸先生方の作品を展示させて頂き、また今年は、当連合会では初めて硬筆作品にも取り組み、学童の元気一杯の文字に作品の幅が広がりました。

 表彰式会場では、午後から恒例の席上揮毫で幕があき、ピンと張りつめた空気の中で小中学生が一心不乱に筆を揮いました。司会の松浦静韻より近隣の連合会会長、諸先生方の紹介があり、奥田雅石会長の挨拶で式が始まり「書道を続けていくにあたって大きな壁に遭遇しても、それを乗り越えれば将来、続けていて良かったと思うことがあるはず」と励ましの言葉を頂きました。堀華影名誉会長からは、いつものように流暢で軽快な挨拶を頂きました。また来賓の兵庫県連合会会長の岩瀬明石先生からは「点は七画で書く。縦線、横線も点の集まり。書道に於いて点は一生」と何とも奥の深い点のお話を頂戴し、たかが点、されど点と思いました。そしていよいよ表彰式となり賞状が授与され、正覚華彰副会長の閉会の辞で式は滞りなく終了となりました。

 懇親会は会場をシェラトン都ホテル大阪に移し、大阪教場連合会会長の今津晴景先生から挨拶を頂き、近畿連合会会長の坂本峰雲先生の乾杯の音頭でスタート。見事な大阪の夜景を望みながら美味しいお料理とゲーム等、和気藹々とした雰囲気の中、色々な話で盛り上がり、楽しい一時でした。

 新しい世となります来年も会員が皆健康で、またこのような書道展が出来れば嬉しく思います。

 末筆となりましたが、当連合会書道展開催にあたり御支援賜りました本部並びに各連合会の先生方に心より御礼申し上げますと共に、文化書道学会の益々の御発展と誌友の皆様の御健康をお祈り致しまして書道展の報告とさせて頂きます。

(田中浩州記)