各地イベントのお知らせ 2018.09.28

「第40回文化書道大阪教場連合会合同書道展」 会期:2018年10月28日(日)【展示会後記追加】

本部講師先生並びに各地区連合会の諸先生をお招きして書道展を開催致します。

全国誌友の皆様のご来観をお待ち申し上げます。

第40回文化書道大阪教場連合会合同書道展

●会期

2018年10月28日(日)

●開催時間

午前10時~午後4時

*表彰式は午後1時より会場にて行います

●開催場所

平野区画整理記念会館

住所:大阪府大阪市東住吉区中野3-7-16

会場までの地図はコチラをご覧ください

●主催

文化書道大阪教場連合会

●連絡先

今津 晴景 (072-264-2070)

展示会後記

「第四十回大阪教場連合会合同書道展並びに模範塾生表彰式典記」

 柿の実も色づき、日増しに秋の深まりを感じる十月二十八日、平野区画整理記念会館に於いて第四十回大阪教場連合会合同書道展並びに模範塾生表彰式を盛大に開催致しました。

 二階の和室会場には初代会長西脇呉石先生、西脇雲石先生、西脇韻石先生の御遺墨を中心に名誉審査員の近藤陵石先生、早乙女呉竹先生、評議員の久保田溪岳先生、室岡春石先生、小野春水先生の玉作が展示されました。続いて当会正会員の条幅五〇点のほか、緋毛氈の上に金銀の鶴や紅葉を散りばめ小作品、机上作品を飾り、書とマッチしたお祝いのコーナーとなりました。また一階の会場には一般社中、学生の条幅四〇点、額、色紙、ペン字作品と力作が揃い、そして元気な学童の毛筆、硬筆作品等、四十周年にふさわしい展示会場となりました。

 午後から表彰式が行われ、最初に今津晴景会長より四十周年を迎えられた喜び、近隣の来賓の先生方へのお礼の挨拶がありました。そして「昔の偉人達は皆、初めに王羲之の書法を学んだと言われていますが、私達が学んでいる西脇呉石先生も王羲之を深く勉強され、呉石流のすばらしい手本がたくさん出版されています。私達はこの端正で上品な呉石流を皆さんに伝えています。ですから皆さんは自信を持って永く書を続けて下さい」と結ばれました。

 続いて全国連盟理事長の堀華影先生より「最近、書道が疎かになった感がありますが、ここにおられる皆様は大きな信念を持って日本の文化を支えて下さい。そして自分の力で将来、立派な人格者になろうと目標に向かって頑張って下さい」とのお祝辞を頂きました。

 近畿連合会会長の坂本峰雲先生からは「皆さんはお父さん、お母さんの言われることを素直に聞く人になって下さい。書道を通して素直な人になることが出来ます。書道を通して人格を作ることが出来ます」とのお言葉を頂きました。

 祝電披露の後、書道展と模範塾生の表彰式があり、一般部、学童部の謝辞と喜び一杯の明るい雰囲気の中、無事に式典を修了することが出来ました。

 閉会後、ご来賓の先生方にご臨席賜り懇親会を開宴、和やかで寛いだ時間の中、午後六時半を以て終宴致しました。

 末筆ではございますが、お忙しい中、私共の書道展に遠路お越し下さいました先生方に心より御礼申し上げますと共に、文化書道学会の益々の繁栄と全国誌友の皆様方のご健勝とご多幸をお祈り致しまして、書道展の報告とさせて頂きます。

(上山華松記)